正看護師と准看護師の違い

看護師は、正看護師と准看護師に区分けすることができます。
正看護師と准看護師には、どのような違いがあるのでしょうか。
実は資格が全然、違うのです。
正看護師は3年以上の教育課程を受けていて、厚生労働大臣が交付する国家資格を持っています。
それに対して准看護師は2年間の教育課程を受けていて、都道府県知事免許を持っているのです。
また准看護師は、医師や歯科医師、あるいは看護師の指示を受けないと看護業務をすることができません。
ほとんど違いがないように思える正看護師と准看護師ですが、このような違いがあるのです。
ちなみにこの違いがもっとも反映されている部分…それは給料面かもしれません。

 

個性的な墓石選び

自分や家族の人柄を表すものの1つに「墓石」があります。
シンプルなものを選ぶ人も多いですが、最近では趣味などをデザインした個性的な形の墓石も増えています。
ペットの墓石も同様で、植物を彫刻したものやハート形のものが建てられています。
生前に自分の墓石をデザインし、建てる人も増えています。
素材、色、書体なども豊富なため、デザイン以外にも細部までこだわって作ることができます。
生前に建てる場合、亡くなったあとに家族が慌てて建てる必要がないなどのメリットがあり、不動産所得税などの税金もかかりませんが、生前に建てることができるかどうかは墓地や霊園によって異なります。
家族と話し合い、墓参りをしやすい場所に建てることも大切です。

転職は良いことか悪いことか?

転職は良いことでしょうか、それとも悪いことでしょうか?
転職をすることは決して悪いことだとは思いません。
でも、日本では転職回数が多いほど、「腰の落ち着かない奴…」と言った感じでマイナス評価を受けてしまいます。
一生同じ会社で勤め上げるのが理想と考えている人が多いため、こうした見方もやむを得ない面もあります。
仕事は人生の中で占める割合が大きいものです。
思い切って新天地で頑張るほうが良い結果が出るのではないでしょうか。
比較的安定していると言われる薬剤師でも転職される方は少なくありません。単なる逃げでの転職は賛成しませんが、新天地で心機一転頑張ると言うことなら転職も決して悪いことではないはずです。

家族葬について

最近、家族葬というお葬式のやり方が、一種のトレンド化していますね。
本当に知人も親戚も友人も呼ばず、家族だけで行うこのお葬式。
このお葬式が良く行われるようになった背景は様々ですが、まず、費用がリーズナブルなこと。
大きなお葬式は、お香典が頂けるとはいえ、100万円以上のお金が普通に掛かってしまいます。
それと、もう一つは、旅立たれる方の希望ですね。
「最後の最後くらいは本当に親しい家族だけに見送って欲しい」という希望からというものが大きいのでしょう。
インターネットのお陰で沢山の人とコミュニケーションが取れるようになった分、人間関係そのものは、コミュニケーションの増大に反比例し、希薄になってきていると言われています。
最後の最後は“おつきあい”でなく、しっかりと血の繋がった人に見送られればそれでいいという願いは、なんだかわかる気がします。

家の回線もWIMAXに。

皆さんの家の回線は、光回線でしょうか。
ADSLでしょうか。
もし、外でもインターネットを使うなら、WiMAXを導入する事で、家のネット回線と、外出先のネット回線を一本化する事ができます。
LTEには、使い過ぎると速度制限がありますが、WiMAXはどんなに使っても速度の制限もかかりません。
WiMAXに一本化すれば、料金も安くすむので大幅な節約になります。
また、速度の面でも今やADSLとそう変わりません。
特にWiMAX2が出てからは、速度面での不安は完全になくなったと言えるでしょう。

20歳前後に流行っていたのは長財布

学生時代や社会人になりたての頃は、長財布をお尻のポケットから出しているのがお洒落な気分でした。
高校生まで遡ると財布にチェーンを付けていた友人も多数いました。
お尻のポケットから長財布がはみ出し、ズボンは少し下げ気味で履いていたのがカッコいいと思っていた若かりし頃ですが、その当時はブランド物をみんな持っていたように思います。
特にヴィトンは一番人気でヴィトンの長財布を持っていたらイケてる若者のような気がしていました。
ブランドで人格が決まるわけではないのですが、なんとなくそれが自分や周囲のステータスになっていました。
時々かっこいい長財布を持っている友人に会うと、ちょっと個性的なんて思ったりもしました。
まだ若い頃なので、ブランドが好きといっても、そのブランドのどこが好きなのか、何に憧れるのかなんてそこまで考えていませんでしたが・・。

お茶の魅力

毎朝コーヒーや紅茶、緑茶を飲んでいる人は多いと思いますが、野草茶やブレンド茶もおすすめです。
黒豆茶や杜仲茶は、エネルギーを蓄える腎を補う作用があります。
腎は生殖機能に関わっているので、補うことで老化を緩やかにすることができますし、腎が不足することで感じるといわれる憂うつな気分も払うことができます。
はとむぎ茶は余分な水分を排出するので、むくみを感じる時におすすめです。
冷やして飲むと胃腸の機能が低下し、ますます水分がたまってしまいますが、温かいお茶を飲むと機能を高めることができます。
なつめ茶やプーアール茶は体を温めるので、冷え症の人におすすめです。
冷え症が改善すると顔色もくすまず、肩こりなど体の不調も感じにくくなります。

太陽のパワーを最大限に利用する

私達人間に限らず動物は太陽の光の恩恵なしでは生きていけません。
もし太陽の光が地上から消えてしまうと植物は光合成ができなくなりますから、作物が育たなくなり、
たちまち飢えに苦しめられることになるでしょう。
太陽は私達に見返りを求めず、ただただ無償で光を提供してくれているのです。
この太陽のパワーを電力に変換しようというのが太陽光発電です。
以前は導入するのに大変なコストがかかりましたが、最近の技術革新のおかげで手軽に、ごく普通の家庭でも導入できるようになりました。
価格がずいぶんと下がったのです。更に売電という仕組みができたので、太陽光発電システムは、今や家計を助けてくれるのです。

水分補給の重要性

幼少の頃、私はあまり水を飲まない子どもでした。
(※喉が渇いても、水が飲みたいという気持ちがわかなかったからです。)
そのため、母親は口癖のように次の言葉をいっていました…「ちゃんと水を飲みなさい。」…
それから物事がわかるようになって、私は改めてその言葉の重要性がわかりました。
実は、人間の身体の大半は水分で成り立っています(約60%)。
人間は汗/尿によって入らない水分(老廃物)を排出し、新たに水分を補給することで健康な身体を維持し続けているのです。
もし水分補給が少なければ血液の流れが悪くなり、身体中の細胞に酸素/栄養素を行き届かなくなります。
その結果、身体の健康を崩してしまうのです。
私は母親から水分補給の重要性を、知らない間に習慣付けられていたのです。

メイクは肌トラブルの元

女性の場合、メイクする機会が男性の何倍も多いですね。
メイクが肌に良いわけがありません。
端的に言えば常にすっぴんでいるのが一番肌への負担が少ない状態です。
ただし、シミの原因を防ぐために日焼け止めだけは塗っておきましょう。
毎日、毎日、重いメイクだと肌も疲れてしまいます。
1週間に一度くらいは化粧をお休みする日を作っておきたいものです。
また、メイクの落とし方にも低刺激にこだわりたいもの。
乾燥肌になりがちな方は一度使ってみると良いでしょう。

メンタルなヘルスケア

体と心を分けて考えてはいけません。
心は脳にありますかから、あくまで体の一部。
体が風邪をひけば、心も風邪をひきます。
しかしこういった自明の理を分かっていない男性がかなりいるのも事実です。
仕事などで体に無理をかけて、あげくメンタルの不調を訴えるというケースです。
中には吃音に悩まされるようになる方も多くおられます。こういった症状の原因は、一つだけではありません。ストレスを引き金にして、
今まで積もり積もった不養生がたたっているのです。
十分な休養とメンタルケアが必要なのはいうまでもありません。

リバウンドってどうよ?

ダイエットしていて最も怖いのはリバウンドですよね。
最悪、ダイエット前よりも体重が増えてしまうという。
ここんとこ会社の女子の間で話題なのがトマトダイエット。
リバウンドはとにかく怖いですね。
ダイエットしていたことがかなりのストレスになって、ダイエットをやめたとたんドカ食いしてしまうとか。
そうならば、ストレスのかからないダイエットがいいということになりますよね。
無理するのが悪いわけですから、無理なく少しつづできる方法です。
要は、続けているうちに日常になってしまうようなダイエット方法であればいいのではないでしょうか。
日常食べているものを少し増やしてみたり、減らしてみたりするだけでいいとかだったらストレスにもなりませんしね。

こころのアンチエイジングしよう!

いつまでも若くありたいと思うのは、万人の切なる願いですね。
アンチエイジングという言葉が流行っていますが、あなたは何かやっていますか?
アンチエイジングで最も重要なのは「こころ」であるともいわれています。
いくら若作りしても、こころが老化していては何にもならないじゃありませんか。
アドバイスをいくつか挙げると、「恋をすることです」。
恋をするとキレイになるというではありませんか。
「楽観的に考え、よく笑う」
何事も前向きに考えればストレスも溜まらず、笑えば人生を楽しく感じられます。
「怒らず、嫉妬しない。」
怒ったり嫉妬したりすると、とても疲れるものです。
大らかな気持ちを持って、とにかく怒らず、嫉妬せずに徹しましょう。前向きに生きることが、年齢を重ねても美しく見せるものですよ。

パチンコが生きがい?

パチンコは止められない。
勝ったときの快感が忘れられないのだ。
どんなにつぎ込んでも、いまに出るからと有り金つぎ込むんだなぁ。
パチンコは、あんなに人がいたって、基本個人なんだよね。
そんな中、AKB48のパチンコ台が物議をかもしている。
1時間に1回、同機種が全台曲と映像を派手に流すらしい。
ファンならいいかもしれけど、突然コンサートみたいになるのは、嫌な人も多いとか。
パチンコは、昔はそんなにギャンブル性は強くなかったような気がする。
いまはもう桁が違うし、ギャンブル性がとても強い。
でも、1円パチンコが出始めて、娯楽性も戻ってきたかな。
団塊世代を見据えた戦略だろうか。
パチンコを生きがいにする高齢者が増えれば、パチンコ業界も安泰か?